記事内に広告が含む場合があります

記事内に広告が含む場合がありますが、コンテンツの内容やランキングには一切影響ありません。企業から依頼された広告を掲載する際には「PR」を表記しています。

消費者庁が問題にしている「誇大広告やステルスマーケティング」にならないよう十分配慮してコンテンツ制作を行って参ります。

審査なしの黒ナンバーリースは?軽貨物車リース会社を紹介

黒ナンバーの軽貨物車をリースするうえで完全に「審査がない」会社はありません。

しかし、銀行審査がなく、社内独自審査を採用している会社があります。

管理人
ローンが組めない方やリースを断られた方でも、軽バンを入手して仕事を始められますので諦めないでください。
【この記事の結論】リースよりも「ローン」で購入した方が総支払額は安い!

全国に460店舗を展開している"中古車販売最大手"のガリバーは、自社ローンによる審査が行われるなので、銀行や信販会社による審査よりも甘めです!

軽バンをリースするよりは、ローン分割した方が絶対に安いです!カーリースはやめてガリバーで購入しましょう!

ガリバーでは、アマゾンフレックスで働くために必要な「黒ナンバーの登録」や「貨物軽自動車運送事業経営届出書の提出」も代行してくれます。

50万円も出せば良質な中古車が手に入ります。

頭金0円で分割購入もできるので、資金がない方でも軽貨物をスタートさせられますよ。

  1. 黒ナンバーの登録あり
  2. 最長7年ローンも組める
  3. 月々8,000円代から軽貨物を始められる
  4. 支払い開始月を6カ月先送りにできる
「自分で探す手間いらず」
プロが希望にある中古車を探してくれます

※注意

ウクライナ情勢やIT機器の急激な需要拡大によって半導体の供給不足に陥り、自動車が仕入れにくい状態になっています。

在庫が枯渇している状況ですので、アマゾンフレックスで働きたい方は、ステーションの募集が締め切る前に、在庫を確認しておきましょう。

【銀行審査なし】黒ナンバーの軽貨物車リース

これから紹介するリース会社は黒ナンバー付きで納車することができます。

そして、無職やフリーター、ローンや借り入れのある方でも、審査に通った実績がありますので、黒ナンバーのローンが組めない方でも安心です。

在庫車両が豊富なガリバー【総支払額はリースよりも安い】

【銀行審査なし】黒ナンバーの軽貨物車リースは、在庫車両が豊富なガリバー
ガリバーをがおすすめする理由
  • 社内独自審査だから審査が通りやすい
  • リースよりも「ローンで購入」の方が総額が圧倒的に安い
  • 在庫数が多いため質の高い中古車を見つけやすい

正確にはリースではなくローンです。

しかし、総支払額はローンを組んで購入した方が安いので審査に通る方はガリバーで購入した方が安いです。

半導体不足や軽貨物ブームにより軽貨物車両が入手しにくい状況になっていますが、ガリバーは中古の軽貨物車両を大量に保有しているため、在庫切れの心配がありません。

管理人
零細企業と違って、ボロボロなクルマを押し付けられる心配もありませんよ。
黒ナンバー登録を代行してもらえる!

全国に460店舗を展開している"中古車販売最大手"のガリバー

ガリバーでは、軽貨物やアマゾンフレックスで働くために必要な「黒ナンバーの登録」や「貨物軽自動車運送事業経営届出書の提出」も代行してくれます。

50万円も出せば良質な中古車が手に入ります。

頭金0円で分割購入もできるので、資金がない方でも軽貨物をスタートさせられますよ。

  1. 黒ナンバーの登録あり
  2. 最長7年ローンも組める
  3. 月々8,000円代から軽貨物を始められる
  4. 支払い開始月を6カ月先送りにできる
WEBのお問い合わせの方限定で、一般には公開されない非公開情報を得られます。
全国460店舗+毎日500台入荷される車両情報をいち早く入手できます。

※注意

ウクライナ情勢やIT機器の急激な需要拡大によって半導体の供給不足に陥り、自動車が仕入れにくい状態になっています。

在庫が枯渇している状況ですので、アマゾンフレックスで働きたい方は、ステーションの募集が締め切る前に、在庫を確認しておきましょう。

業界最安値の箱バンドットコム

埼玉県で業界最安値の箱バンドットコム
箱バンドットコムの4つの特徴
  • 新車が月額18,900円~
  • 新車納品が最短2週間
  • 頭金・初期費用0円
  • 黒ナンバー取得代行0円

箱バンドットコムは、新車が月額18,900円からリース可能です。

管理人
アマフレ始めた時に利用しましたが、本当に新車でした笑

また、下記2点の理由により、業界最安値級の安さを誇っていてオススメです。

  • 20年以上も軽バン車両に特化したリース事業を営んでいる
  • 実績を生かして特別価格で軽バン車両の仕入れを実現している
  • 店舗がないので人件費を抑えられている
管理人
審査結果は最短3時間でわかるので、今すぐ見積もりを取りましょう!

オリックス・カーリースオンライン【審査は厳しいが新車が安い】

オリックス・カーリースオンライン

オリックス・カーリースオンラインの3つの特徴

オリックスカーリースがおすすめな理由
  • 新車が20,000円代から!中古車は12,000円代からリース可能
  • 車検や消耗品コミコミプランも用意!
  • 黒ナンバーの申し込みを代行できる

新車が20,000円代から!中古車は12,000円代からリース可能

新車の黒ナンバーの軽バンの相場は、月額35,000~55,000円が一般的です。

しかし、オリックス・カーリースオンラインでは、月額21,780円からリース可能。業界最大手かつ全国でレンタカー事業を行っているからこそ安い価格で仕入れができています。

固定費はできるだけ抑えたいので、嬉しい料金設定です。

オリックス・カーリースオンライン

車検や消耗品コミコミプランも用意!

車検やオイル交換、タイヤ交換、バッテリー交換などのメンテナンス費が含まれているプランもあるので、毎月の支出額を一定にしたい方には嬉しいプランです。

黒ナンバーの申し込みを代行できる

オリックス・カーリースオンラインは、黒ナンバーにも対応しています。軽貨物を始めるには「貨物軽自動車運送事業届出書」を運輸支局と軽自動車検査協会に届け出しなくてはなりません。

黒ナンバーの手続きを丸投げできますので、時間がない方や手続き方法が分からない方でも安心ですよ。

管理人
他のカーリース会社に問い合わせしましたが、黒ナンバーの申し込みができるのはオリックスだけでした。

黒ナンバーの申し込みができる「軽バン車両」に特化したリース会社でも、月額35,000~55,000円かかるので、オリックス・カーリースオンラインは相当安いことがわかります。

黒ナンバーの手続きも丸投げ!

申し込み方法については、「オリックス・カーリースオンラインの申し込み方法」をご参照ください。

GMSリース【月額料金高め!東京在住は契約可能】

GMSリース は、Global Mobility Service株式会社が運営している軽貨物車専用のカーリースです。

GMSリース
対応地域1都3県(東京、千葉、神奈川、埼玉)
2府4県(大阪、京都、兵庫、和歌山、奈良、滋賀)
愛知県、福岡県
月額リース料金中古車:25,000円(税込)~
新車 :35,000円(税込)~
審査方法独自審査対応
エンジン制御デバイスで与信力アップ
黒ナンバー取得代行0円
頭金・初期費用0円
リース期間3年〜4年
走行距離制限なし
契約満了後の買取の有無買取可能
0円〜5.5万円
車検費用含まれていない
途中解約不可能
車種一覧エブリイ・ハイゼットカーゴ・クリッパー
GMSリースのポイント

GMSリースは、社内独自審査を採用している会社の中でも、最も審査が優しいです。

「他社で審査に落ちてしまった」
「自動車ローンが通らなかった」
「会社を辞めたので与信がない」

上記のような方でも軽バンをリースできます。

ただ、下記のデメリットも。。

  • 「アマゾンフレックスの登録が必須」

→アマゾンフレックスのエリア対象外の方はGMSリースに申し込めません。

  • 「在庫切れが多い」
  • 「リース車両の走行距離が多い」

銀行や信販会社による審査がなく審査通過率98%と謳っています。無職やフリーターでも「アマゾンフレックス」に登録すれば契約が可能です。

なぜ、どんな方でも軽バンをリースできるのか。

エンジンの遠隔操作制御できる独自デバイスの「MCCS」が軽バン車両に取り付けられています。リース会社が位置情報を把握したり、エンジンを停止させられるので、車両を持ち逃げされるリスクが減りました。

よって、他社で審査に落ちてしまった方でも、軽バン車両をリースできます。

MCCSデバイス
管理人
料金を滞納するとエンジンがストップしますが、
公道では止められることはありませんよ。

他社で審査落ちしてしまった方や、現在働いていない方でも軽バンを利用することができるので、軽貨物のお仕事が今すぐスタートできますよ!

東京在住のみ

ガリバーは自社審査だから通りやすい!

管理人のおすすめの方法は、「ガリバー」でローン審査を申し込み、落ちたら「GMSリース」に申し込むことです。

ガリバーは、自社ローンを採用しているので、信販会社や銀行審査を行っている会社よりも審査に通りやすいです。

ガリバーなら軽バンが自分のものになりますし、支払い総額もリースと比べても安いので、絶対にガリバーを押します。

駄目なら潔くGMSリースを活用しましょう!

  1. 黒ナンバーの登録あり
  2. 最長7年ローンも組める
  3. 月々8,000円代から軽貨物を始められる
  4. 支払い開始月を6カ月先送りにできる
「自分で探す手間いらず」
プロが希望にある中古車を探してくれます

■関連記事:GMSリースの評判!審査に落ちたドライバーはいる?

黒ナンバーのリースには必ず審査がある

黒ナンバーの軽バンリースの申し込みには、銀行もしくは信販会社による審査があるのが一般的です。

利用者に支払い能力がなければ、リース会社は高額な車両代金を回収できなくなってしまうからです。

しかし、社内独自審査を行っている会社もあります。

相場よりも月額料金がやや高くなってしまうのですが、高確率で契約できます。

管理人
確実に契約するなら「社内独自審査」を行っているリース会社を選びましょう。
「社内独自審査の会社」に戻る

黒ナンバーのリース審査が落ちてしまう人の7つ特徴

黒ナンバーのリースの審査に落ちてしまう方の特徴です。

  1. 信用状態・債務状況が悪い
  2. 抱えている借金が多すぎる
  3. 返済能力がない(収入が不安定)
  4. 年収が200万円未満
  5. 資産や持ち家がない
  6. 勤続年数が1年未満
  7. 虚偽の申告をしている
管理人
審査にはどんな基準があるのか知って、
対策しておきましょう!

①信用状態・債務状況が悪い

原因としては、以下の理由が挙げられます。

  • 債務整理をした
  • 携帯料金を滞納している
  • クレジットカードの支払いを滞納している
  • 借金を滞納している
  • 奨学金を滞納している

過去に債務整理をした場合は、「信用情報機関」に履歴が残ってしまうため、5年~10年の間は、審査に通らない可能性が高いです。

また、クレジットカードやローンの支払いの未納がある方も同様です。

管理人
信販会社の審査に通らない方は、借金の滞納を解消させましょう。

②抱えている借金が多すぎる

年収の3分の1以上の借入があると、審査に通りにくいと言われています。

一切滞納はしていないが、これ以上支出が増えると支払いできないと判断されてしまいます。

③返済能力がない(収入が不安定)

フリーター・無職は、審査に通りにくい傾向があります。

収入が安定していない扱いになるからです。

また、個人事業主は安定した収入があったとしても、事業環境の変化や病気などによって収入が変動する可能性があるため審査は厳しくみられます。

正社員や公務員は、失業しない限り収入がなくなることはないため審査に通りやすいです。

管理人
家族を保証人につけることで審査に通る可能性が上がります。

④年収が200万円未満

明確なルールが存在するわけではありませんが、年収200万円以上が安全な基準といわれています。

とはいえ、絶対に落ちるわけではないので会社員のうちに審査に通しておきましょう。

個人事業主は、300万円以上であっても落ちるケースが多いです。

管理人
家族を保証人につけることで審査に通る可能性が上がります。

⑤資産や持ち家がない

自宅が「持ち家」なのか「賃貸」なのかも審査に影響があります。

資産や持ち家がないから審査に通りにくいということはありません。

管理人
持ち家がなくても不利にはなりません。
ないよりはあった方が審査に有利になるだけです。

⑥勤続年数が1年未満

毎月安定して支払ってくれるかも重要なため、勤続年数も審査対象に入ります。

3年以上同じ会社に勤めていると、収入が安定しているとみられるため審査で有利になります。

管理人
勤続年数が少ないと「すぐ辞める人」と判断されて料金の回収ができなるリスクがあると思われます。

⑦虚偽の申告をしている

審査に通すために、虚偽の記載をしてもバレてしまいます。

最申請しても断られる可能性があるので、最初から正しい情報を伝えましょう。

管理人
与信情報に傷が付いてしまうので、止めた方がいいでしょう。

「社内独自審査の会社」に戻る

黒ナンバーリースの審査に落ちた時の5つの対処法

審査に落ちてしまったとしても、諦める必要はありません!

通らなかった場合は、下記の方法を試してみてください。

  1. 契約名義を変える
  2. 保証人をつける
  3. 車両のグレードを下げる
  4. 借金問題を解消させる
  5. お金を借りて中古車を購入する

①契約名義を変える

審査に通りそうな親や兄弟の名義で契約します。

契約者が別でも契約できるかリース会社に確認しましょう。

なお、アマゾンフレックスは「車両使用者の名義」が自分自身である必要があります。

②保証人をつける

収入のある親や兄弟などを連帯保証人につけましょう。

与信が強化されるので、審査に通る可能性があります。

③車両のグレードを下げる

車両価格が原因で審査に落ちる場合もあるので、車両のグレードを下げることで審査に通りやすくなります。

例えば、商用車で人気の『N-VAN +STYLE FUN・ターボ』は150万円しますが、『N-VAN G』は120万円です。同じ車種でも30万円以上の差があります。

④借金問題を解消させる

借金を滞納している場合は返済したり、借金額が大きい場合は出来る限り返済していきましょう。

一人で借金を背負い続けるのが辛い方は、専門家に頼ってみてください。

月々の返済額が9万円から1.5万円になった事例もあります。

⑤お金を借りて中古車を購入する

借金をしていないが、以下のような理由でリース会社の審査に通らない場合もあります。

  • 勤続年数が低い
  • 年収が低い
  • 保証人がいない

どうしても車両を入手したい場合は、消費者金融からお金を借りて、安い中古車を購入するしかありません。

管理人
もちろん、タダで譲ってくれる方がいるのなら借りる必要はありません。

「社内独自審査の会社」に戻る

要らなくなった車は売却しよう

新しく軽バンを用意するので、今まで乗っていた車は必要なくなると思います。

新たに駐車場代を払ったり、維持費ももったいないので売却してしまいましょう。

カーネクストは、10万km以上走行した車両や古い車両も高価買取できます。

自動車税の還付金も受け取れるのでお得ですよ!

カンタン20秒で無料査定

黒ナンバーリースのよくある質問

なぜ黒ナンバーが必要?

宅配・チャーター便など、個人事業主で軽貨物運送業を営む場合は、黒ナンバーのプレートを取り付けた軽自動車でなければいけません。

黒ナンバーを取り付けずに宅配業務やフードデリバリーを行うと「貨物自動車運送事業法違反」となり、3年以下の懲役若しくは300万円以下の罰金が処されます。

自働車の任意保険の加入はどうする?

GMSリース・リースナブルのどちらでも、任意保険の手続きを行ってくれますので安心してください。

軽バン以外のリースはどこでできる?

軽バン・軽貨物車両以外のリースは、リースナブルが可能です。

フードデリバリーやモバイルバッテリー配達、ワクチン配達など大きな荷台がなくても配達できる業務に取り組む方は、検討してみてもいいでしょう。

納車までどれくらいかかる?

申し込み完了後1~2カ月後納車になります。

車両の名義はどうなる?

使用者がお客様で、所有者がリース会社になります。

運送会社やアマゾンフレックスで問題なく利用できます。

車はプライベートや私用でも使える?

問題なく使えます。

月間走行距離制限がある?

GMSリースはありません。

リースナブルは、月間2,000km制限があります。

超えてしまった分は、契約満了時に1km15円追加費用がかかります。

車両を買い取る場合は追加費用の清算はありません。

開業届を提出していないけど黒ナンバー取得できるの?

黒ナンバーの取得に個人事業主である証明は必要ないです。

開業届を出してなくとも黒ナンバーの取得はできます。

確実に車両を入手するなら審査が通りやすい「ガリバー」

黒ナンバー登録を代行してもらえる!

全国に460店舗を展開している"中古車販売最大手"のガリバーは、自社ローンによる審査が行われるなので、銀行や信販会社による審査よりも甘めです!

軽バンをリースするよりは、ローン分割した方が絶対に安いです!カーリースはやめてガリバーで購入しましょう!

ガリバーでは、軽貨物やアマゾンフレックスで働くために必要な「黒ナンバーの登録」や「貨物軽自動車運送事業経営届出書の提出」も代行してくれます。

50万円も出せば良質な中古車が手に入ります。

頭金0円で分割購入もできるので、資金がない方でも軽貨物をスタートさせられますよ。

  1. 黒ナンバーの登録あり
  2. 最長7年ローンも組める
  3. 月々8,000円代から軽貨物を始められる
  4. 支払い開始月を6カ月先送りにできる
WEBのお問い合わせの方限定で、一般には公開されない非公開情報を得られます。
全国460店舗+毎日500台入荷される車両情報をいち早く入手できます。

※注意

ウクライナ情勢やIT機器の急激な需要拡大によって半導体の供給不足に陥り、自動車が仕入れにくい状態になっています。

在庫が枯渇している状況ですので、アマゾンフレックスで働きたい方は、ステーションの募集が締め切る前に、在庫を確認しておきましょう。

軽貨物を始めるには黒ナンバー(事業用)の任意保険が必須です。

>>【黒ナンバー対応】軽貨物車の任意保険の販売会社

▶関連記事:格安の黒ナンバー任意保険は?個人向けおすすめ比較ランキング6社

▶関連記事:軽貨物車のリースはやめとけ?実際に契約した僕が解説