記事内に広告が含む場合があります

記事内に広告が含む場合がありますが、コンテンツの内容やランキングには一切影響ありません。企業から依頼された広告を掲載する際には「PR」を表記しています。

消費者庁が問題にしている「誇大広告やステルスマーケティング」にならないよう十分配慮してコンテンツ制作を行って参ります。

軽貨物がきつい仕事だといわれる理由はさまざまです。

「実際どういうところがきついの?」

「対処法やコツがあるなら知りたい」

軽貨物で働くことを検討している人の中には、そのように思っている人もいるのではないでしょうか。

また、きつい仕事と聞いて参入を諦めている人や、きついと思いながらも我慢して働いている現役ドライバーもいるのではないでしょうか。

この記事では、試行錯誤を重ねながらあらゆるきつさを乗り越えてきた現役配達員が、きついといわれる理由や対処法について解説します。

管理人
きつさを攻略し、ぜひ稼げる軽貨物ドライバーを目指してください。
【拘束時間が長いor低単価案件に取り組んでいるドライバーへ】この記事の結論!待遇の良い会社は腐るほどある

いま軽貨物をやっていて、報酬や労働時間、待遇に違和感がある方は、早いうちに辞めましょう。

軽貨物の求人

あなたが知らないだけで、世の中には下記の案件がたくさん溢れています。

  • 初心者にも優しい研修制度充実の運送会社
  • 日給8,000円~30,000円のルート配送
  • 1日5時間で12,000円の企業間配送
  • 時給1,400円以上のクイックコマース
  • 日給25,000円越えの宅配ドライバー
  • 時給2,000円越えのライドシェア(NEW!)

このような求人は、ドライバー職に特化した日本最大級の求人サイト『ドラEVERに掲載されることがあります。

各会社ごとの業務内容や報酬、労働時間が簡単に比較できます。

【開く】用意されている福利厚生

また、企業によっては以下の福利厚生も用意しています。

  • ガソリン代支給
  • お祝い金最大10万円支給
  • 1日5時間稼働で手取り30万円も可能
  • 25日稼働で手取り70万円以上も可能

なお、好待遇案件はすぐになくなるので、『ドラEVER』に登録して新着メールを待ちましょう!

▶関連記事:業務委託ドライバーのやばい事例【軽貨物はきつい?】

軽貨物ドライバーがきついといわれるのはなぜ?

軽貨物ドライバーがきついといわれる理由は、大きく分けて5つあります。

  • 体力的なきつさ
  • 精神的なきつさ
  • 金銭的なきつさ
  • 拘束時間によるきつさ
  • 天候によるきつさ

それぞれさらに細かく見ていきましょう。

体力的なきつさ

まず挙げられるのは体力的なきつさです。

多くの軽貨物ドライバーが以下のことがらについて、体力的にきついと感じています。

  • 荷物量が多い
  • 重い荷物もそれなりにある
  • 階段の上り下りが多い
  • 休憩がとれない

順番に解説します。

荷物量が多い

荷物量の多さにきつさを感じているドライバーは少なくありません。

歩合制で働く委託ドライバーにとっては荷物量が多い=稼げるということでもありますが、稼げるのはその荷物量をさばけることが大前提であるためです。

荷物量が多すぎる場合は、以下のような悪循環に陥る可能性があります。

  1. 積み込みに時間がかる
  2. 出庫が遅れる
  3. 配達に割く時間が減る
  4. 配りきれなくなる

また、荷物が多すぎて車両に荷物を積みきれなかった場合は、センターとエリアを何往復もしなければなりません。

そのため、必ずしも荷物量が多い=稼げるとはいいきれないのです。

管理人
そのほか、人によっては荷物量に圧倒されてしまい「配りきれるのか?」「パンクするかも」といった精神的なきつさにつながることもあります。

重い荷物もそれなりにある

軽貨物は重たい荷物を運ぶのがきつい

荷物の重さも、体力的なきつさの原因のひとつです。

求人広告などで「軽く小さな荷物が多い」と謳われていることがありますが、実際には飲料水のケースや小さめの家具など重い荷物もそれなりにあります。

とくに飲料水はまとめ買いをする顧客も多く、一度に運べる数には限界があるため、個数によっては車両と配達先を何往復もしなければなりません。

力のある成人男性でもきついと感じる可能性があります。

階段の上り下りが多い

軽貨物ドライバーは階段がきつい

体力的なきつさのひとつとして、階段の上り下りが挙げられます。

エレベーターのないアパートや市営住宅の上階にかぎって自分で持ち運びできない、もしくはしたくないような重い荷物を注文する傾向にあるためです。

部屋の前まで荷物を持っていくだけでも体力を消耗し、さらに不在の場合はまた持ち帰らなければなりません。

また、同じ建物内に配達先が複数か所ある場合でも、建物内でフロアが繋がっておらず、いったん外に出て別の出入り口から入り直さないといけない造りの建物もあります。

管理人
階段の上り下りを1日に何度も繰り返すことは足腰を痛める原因にもなるため、アパートや市営住宅の多いエリアを担当している場合はとくにきついと感じるでしょう。

休憩がとれない

十分に休憩がとれないせいで、体力的なきつさを感じているドライバーもいます。

荷物量やドライバーの力量によっては、休憩時間を犠牲にしてでも配達しないと荷物を配りきれなくなるためです。

委託の場合、休憩をとるタイミングは各ドライバーにゆだねられているため、荷物量が少なく時間に余裕があるときなどは、一度帰宅して自宅で休憩することも可能です。

しかし、荷物量が自分でさばけないほど多い場合は休憩する余裕がなく、昼食も食べずに働き続けるドライバーも少なくありません。

休憩をとらずに長時間働き、翌日もまた同じように稼働するという生活を続けるうちに、体調を崩してしまうケースもあります。

精神的なきつさ

次に挙げられるのは精神的なきつさです。

配達をする中で、多くのドライバーが以下のようなことに精神的なきつさを感じています。

  • 不在・再配達に振り回される
  • 配達先の場所がわからないことがある
  • 荷物が見つからない
  • 指定の時間に間に合わない

順番に解説します。

不在・再配達に振り回される

軽貨物は不在に振り回されるのがきつい

不在がもたらす精神的ダメージは大きいです。

不在票を用意するだけでも数分ロスするため、不在が続けば配達ペースだけでなくモチベーションも落ち、思うように配達個数が伸びないことに焦りが生じてしまいます。

また、荷物がはけないため荷室が片付きません。

さらに、1分1秒が惜しい中再配達の電話にも対応しなければならなくなり、精神的な疲労が溜まっていきます。

中でもとくにきついのは、時間指定や再配達依頼をしておきながら不在の場合です。

指定した時間に在宅できないとわかった時点でわざわざ連絡をくれる顧客や、置き配の段取りをしておいてくれる顧客もまれにいますが、ほとんどの顧客は荷物を受け取る工夫をしてくれません。

そのため、結果的にドライバーが振り回される羽目になるのです。

管理人
その時間に帰れるかわからないけど、最終の時間指定が19〜21時だからとりあえずその時間にしておこう、間に合わなかったらまた再配達してもらえばいい、というような軽い気持ちで時間指定する人もいるのが現状です。

配達先の場所がわからないことがある

配達先の場所がわからないことは焦りを生み、精神的なきつさにつながります。

「配達先の場所がわからない」とは、以下のような場合です。

  • 新築でまだゼンリンの地図に載っていない
  • 顧客が地図上の番地と異なる住所を使用している
  • アパート名や部屋番が抜けている
  • 同じ番地の家がいくつも並んでいる

このような理由から、配達先の場所がわからないことはよくあります。

顧客と連絡がつかず場所の確認ができない場合でも、時間指定なしの荷物であればいったんスルーし、センターに戻った際にほかのドライバーや社員に確認できます。

しかし、時間指定の荷物は後回しにできません。

1軒に時間を割いてしまうことやほかの時間指定が間に合わなくなること、配りきれなくなる可能性などを考えて精神的に追い詰められてしまうケースも少なくありません。

荷物が見つからない

荷物が見つからない状況は、もっとも精神的にきついといっても過言ではありません。

どうしても荷物が見つからない場合は、荷物探しにかけた時間がまるまる無駄になるだけではなく「なぜ荷物が見つからないのか」ということについて、以下のような不安に襲われるためです。

  • センターに置いてきたのか
  • どこかに落としてきたのか
  • どこかで誤配してしまったのか

時間指定なしの荷物であればとりあえず諦めてスルーし、荷物が見つかり次第行けば問題ありませんが、以上の不安要素を抱えながら配達しなければならないため、配達に身が入らないでしょう。

また、時間指定の荷物である場合や目の前ですでに顧客を待たせてしまっている場合などは、そうそうスルーもできません。

場合によってはいったんセンターに戻る必要が出てくるため、この1軒のために予定が大きく狂う可能性があります。

指定の時間に間に合わない

指定の時間に間に合わないときや間に合わない可能性が出てきたときにも、精神的なきつさを感じやすいです。

指定の時間に間に合わない場合は顧客に謝罪しなければならず、場合によってはクレームになる可能性もあるためです。

配達中に予期せぬハプニングが起こることはよくあります。

しかし、それは指定の時間に間に合わなかったことへの言い訳にはなりません。

管理人
慣れないうちは神経を使いますが、何が起こっても時間内に届けられるよう残り時間と時間指定の個数を意識しながら配達していく必要があります。

金銭的なきつさ

軽貨物ドライバーは稼げる仕事だといわれていますが、金銭的なきつさを感じている人もいます。

軽貨物ドライバーの仕事は誰でもできる内容である反面、やり方や働き方によっては稼げないケースもあるためです。

たとえば、歩合制はたくさん配れる人であれば稼ぎやすいですが、あまりたくさん配れない場合はそれほど稼げません。

反対にいくらたくさん配れても、日給制の場合はたくさん配れば配るほど単価が下がってしまうため、割に合わない場合もあります。

また、売上の金額だけ見れば十分でも、経費が多いせいで手取りが少なく、それでは生活できないケースもあります。

管理人
現状稼げていない場合は、稼げない原因を突き止める必要があるでしょう。

拘束時間によるきつさ

拘束時間によるきつさを感じているドライバーも少なくありません。

軽貨物ドライバーは拘束時間が長時間になりやすいためです。

所属する運送会社やセンターにもよりますが、朝は7時頃から荷物を積み込み始め、最終の配達を終えて帰宅する頃には21時や22時を過ぎていることも珍しくありません。

そして翌日はまた7時から積み込みが始まるため、連勤が続くと若い人でもきついと感じるでしょう。

天候によるきつさ

その日の配達がきつくなるかどうかは天候にも左右されます。

天候別に、どのようなことがきついのかについて解説します。

雨の日はいつも以上に気をつけなければならないことが増える

軽貨物ドライバーがもっとも嫌がるのは雨ではないでしょうか。

自分はもちろん、荷物が濡れてしまうためです。

とくに朝から激しく雨が降っているような日は、荷物の積み込みにも気を遣います。

天気がよいときには屋根を気にせず荷物を下に置けますが、雨が降っている場合は屋根のないところには荷物を置けません。

また、車両の中に雨が降り込んでくるようなときはサイドのスライドドアを開けたままにしておけないため、その都度閉めなければなりません。

雨の日は配達中も気を遣います。

顧客が出てくるのを待つ間、できるだけ荷物が濡れないようにしなければなりません。

置き配指定になっていても、濡れてしまう可能性がある場合は置き配もできません。

さらに視界が悪くなるため、運転にも神経を使います。

雪の日は大きな危険がともなう

雪も軽貨物ドライバーにとっては喜ばしくない天候です。

ちらつく程度であればそれほど業務に影響しませんが、大雪や路面が凍結しているときなどは大きな危険がともないます。

冬用タイヤへの交換を済ませていない場合は、まず仕事になりません。

また、大雪で物流が止まった場合はその反動でしばらく荷物量が増え、荷物を配りきれないきつさを味わう羽目になる可能性もあります。

管理人
ちなみに台風のときも状況によっては配達しなければなりません。視界が悪い中での配達になるため、いつもよりも安全に気を配る必要があります。また、荷物を飛ばさないようにする工夫やドアの開閉にも気を遣います。

極端に暑い時期や寒い時期はきついと感じやすい

夏場や冬場など、極端に暑い時期や寒い時期はきついと感じやすいです。

夏場は炎天下での作業になるため、荷物の積み込みだけで消耗してしまうこともあります。

また、コロナ禍以降はマスクの着用が当たり前になり、2023年7月現在でも多くの軽貨物ドライバーがマスクを着用して配達していますが、自分の呼気でマスクの内側がサウナ状態になります。

そのため、意識して水分補給や熱中症対策を行わないと、配達中に倒れ兼ねません。

反対に冬場は、配達中に関しては体を動かすためそれほど寒さが気にならないかもしれませんが、早朝の寒い中、手足の感覚がない状態で荷物の積み込みをしなければならないのはきついと感じる人が多いでのではないでしょうか。

楽して配達したい方へ(PR)

きつい配達から抜け出したいなら「食料品・日用品配達」を行ってみましょう。

たとえば、「ピックゴーバイク」なら

重い荷物は一切なく、好きな時に自由に稼げます。

Uber Eats や出前館にはないコンビニや雑貨屋案件も多数あるので、ライバルが少ない穴場のアプリですよ。

アプリだけで仕事が取れる!

軽貨物ドライバーのきつさは働く場所によっても異なる

軽貨物ドライバーのきつさは運送会社や配属されるセンター、地域など、働く場所によって異なります。

運送会社やセンターによって、ルールの厳しさや荷物量に差があるためです。

また、同じ運送会社やセンター内でも、エリアによって広さや不在の多さ、クレーマーの多さなど条件が異なるため、きついと感じるエリアとそうでないエリアとがあります。

軽貨物ドライバーの仕事をきついと感じやすいのはどんな人?

軽貨物ドライバーの仕事は体力勝負です。

そのため、以下にあてはまる人はきつさを感じやすい可能性があります。

  • 年配の人
  • これまで体を動かす仕事をしたことがない人
  • 体力面に不安がある人
  • 女性

順番に見ていきましょう。

年配の人

年配の人に多いのは、老眼で伝票の文字が見えづらいケースです。

荷物探しに時間がかかる分、移動などほかの部分で挽回しなければならず、きついと感じる人は多いのではないでしょうか。

また、軽貨物ドライバーの勤務時間は長時間にわたることが多いため、若い人よりも体力的なきつさを感じやすい可能性があります。

これまで体を動かす仕事をしたことがない人

配達は時間との戦いでもあります。

そのため、ゆっくりマイペースに配っていては終わりません。

しかし、たとえばデスクワークなど、これまで体を動かす仕事をしたことがない人が急に走り回って仕事をするのはきついでしょう。

軽貨物ドライバーを始めるなら、実際に働き始めるまでにある程度体力づくりをしておくことをおすすめします。

体力面に不安がある人

もともと足や膝、腰などを痛めている人や持病がある人など、体力面に不安がある人はとくにきついと感じるでしょう。

軽貨物ドライバーは仕事柄どうしても体を酷使しなければならない場面が多く、もともと痛めている部分が悪化するおそれがあります。

それでも軽貨物ドライバーに挑戦する場合は、はじめに仕事を体験させてもらい、続けていけるかどうかを見極める必要があります。

女性

扱う荷物の中には持つだけでやっと、というような重いものもあるため、女性は男性よりもきついと感じる瞬間が多いのではないでしょうか。

車両に荷物を積み込む際も体力を使ううえ、配達中は荷物を持ったまま駆け回らなければなりません。

車両に台車を積んでおくなど、少しでも体に負担をかけないよう工夫するとよいでしょう。

管理人
とはいえ、年配の人や女性でも、軽貨物ドライバーとして活躍している人はたくさんいます。とりあえずどんなものか体験させてもらうのも手です。

軽貨物ドライバーの仕事をきついと感じないための対処法とは?

きついと感じずに軽貨物ドライバーの仕事をこなすためには、どうすればよいのでしょうか。

ここでは、軽貨物ドライバーの仕事をきついと感じないための対処法を紹介します。

体力的なきつさに対する対処法

体力的なきつさへの対処法は以下のとおりです。

  • 配達個数を伸ばす
  • 体力をつける
  • 休憩時間を確保する
  • 荷物が配りきれないときは仲間を頼る

それぞれ解説します。

配達個数を伸ばす

1日に配達できる個数を増やせば、多少荷物量が多くても対応できるようになり、結果的に楽になります。

1時間につき+1個多く配れるようになれば1日で10個程度配達個数が増えるため、まずは1時間につき+1個を目標にするとよいでしょう。

達成できたら+2個、+3個と徐々に数を増やしていけば、数か月後にはかなり配れるようになっているはずです。

体力をつける

体力不足が原因で毎日きついと感じているのであれば、体力をつける取り組みをしましょう。

体力不足のままでは、体が資本である軽貨物ドライバーを長く続けることが難しいためです。

体力をつけるためには、バランスのとれた食生活と質のよい睡眠、適度な運動が重要です。

休日はしっかり体を休め、バランスのよい食事を心がけましょう。

運動にはストレッチがおすすめです。

日常的にストレッチを行うことで体の柔軟性が増し、けがをしにくくなります。

管理人
そのほか、腰や膝などの痛みをやわらげる効果や、リラックス効果も期待できます。

休憩時間を確保する

軽貨物ドライバーは、1個でも多く荷物を配るために休憩をおろそかにしがちです。

しかしそれでは体を壊すおそれがあるため、休憩なしの長時間労働を当たり前にすることはおすすめできません。

たとえ荷物量が多くても、自分の中で「午前中の配達は12時半まで」などと時間を決めて、休憩時間だけは確保するようにしましょう。

荷物が配りきれないときは仲間を頼る

荷物が配りきれずパンクしそうなときは仲間を頼りましょう。

委託ドライバーの場合、同じセンター内に委託の仲間が複数名います。

自分がパンクしそうなときは助けてもらい、反対にほかの仲間がパンクしそうなときには自分の配達を終わらせたあと仲間のもとに駆けつけるなど、日頃から仲間同士で助け合える関係を築いておくと、配りきれないときにお互い助け合えます。

精神的なきつさに対する対処法

精神的なきつさへの対処法は以下のとおりです。

  • 不在を出さないようにする
  • 置き配を提案する
  • 荷物の積み方を見直す
  • 余裕をもって時間指定の荷物を回るようにする
  • 配達場所がわからない場合は見つかるまで探さない

順番に解説します。

不在を出さないようにする

顧客の行動パターンを把握し、できるだけ不在を出さないようにしましょう。

不在の数が多ければ電話対応や再配達に振り回され、自分のペースで配達できなくなるためです。

たとえば、平日は遅い時間にしか帰らないことがわかっている場合は最後に訪問する、午前中は在宅している確率が高い場合は午前中に訪問するなど、顧客の行動パターンを押さえたうえで配達すれば不在は減らせます。

置き配を提案する

なかなか行動パターンが読めない場合やいつ行っても不在だという場合は、運よく配達できたタイミングで置き配を提案してみるのもひとつです。

庭に物置や倉庫がある家ならば提案しやすいでしょう。

アパートやマンションであれば、ガスメーターボックスへの置き配を提案するのもありです。

ただし、強引に勧めてはいけません。

あまりよい反応が返ってこない場合はさっと引きましょう。

管理人
また、置き配する場合は置き配した旨と場所を記入した不在票をポストに投函するほか、なまものは避けるなどの配慮も必要です。

荷物の積み方を見直す

荷物を探すのに時間がかかりすぎている場合や荷室内でよく荷物がなくなる場合は、一度荷物の積み方を見直したほうがよいかもしれません。

ある程度エリアに慣れている場合は、いつもの回り方を思い出し、できるだけ荷物を手前から取り出せるように積んでいくとよいでしょう。

まだエリアに慣れていない場合は、試行錯誤しながら自分にとってベストの積み方を模索していくしかありません。

ほかのドライバーのアドバイスも聞きながら、これだ、というような積み方が見つかるまで色々試してみましょう。

余裕をもって時間指定の荷物を回るようにする

時間指定の荷物を優先しすぎると効率が悪くなりやすいですが、かといってぎりぎりではイレギュラーが起こった際に結局間に合わなくなったり気を揉む羽目になったりします。

効率よく回ることは大切ですが、それよりも大切なのは時間を厳守することです。

効率的に回りながらも残り時間を意識し、余裕をもって回れるようにしたほうが精神的にもよいでしょう。

配達場所がわからない場合は見つかるまで探さない

配達場所がわからない場合は、配達先が見つかるまで闇雲に探すのではなく、どこかで見切りをつける必要があります。

見つかるかどうかわからないその1軒のためにパンクしてしまっては、元も子もないためです。

配達場所がわからない場合は以下の方法を試し、それでもわからなければ「配達先不明」で処理して調査に回します。

  • 顧客に電話して直接聞く
  • 同じエリアを担当している社員に聞く
  • ほかの委託仲間に聞く

伝票に記載されている住所が間違っている可能性もあるため、言い方は悪いですが、配達先不明の荷物にいつまでも構ってはいられません。

上記の方法をすべて試してもわからない場合は見切りをつけましょう。

金銭的なきつさに対する対処法

金銭的なきつさへの対処法は以下のとおりです。

  • 報酬体系を見直す
  • 経費を見直す

それぞれ見ていきましょう。

報酬体系を見直す

どれだけ荷物を配れるかによって歩合制、日給制のどちらが向いているのかが異なります。

たくさん配れる人は日給制よりも歩合制で働いたほうが稼ぎやすく、反対にあまり配れない人は歩合制では稼ぎにくい傾向にあります。

たとえば日給制で稼げていない人は、自分がいつも配っている荷物の個数に平均的な荷物単価である150円をかけて、歩合制ならいくら稼げるのかを実際に計算してみましょう。

計算した結果が現在の日給額よりも高い場合は、歩合制の会社に移ったほうが稼げる可能性があります。

管理人
稼げていない原因が報酬体系にあるならば、自分に適した報酬体系の会社に移ることを検討したほうがよいでしょう。

経費を見直す

売上と手取りの差額が大きい場合は、一度経費を見直してみましょう。

給料明細を確認し、心当たりのない項目や認識していた以上の金額が引かれているようであれば、内容について運送会社に問い合わせる必要があります。

事前の説明と食い違っている場合や不透明な部分がある場合など、ケースによっては別の運送会社に移ったほうがよいこともあります。

時間的なきつさに対する対処法

時間的なきつさへの対処法は以下のとおりです。

  • 夜間に指定なしの荷物を残さない
  • 社員と配達先が被っている荷物があれば社員に任せる

それぞれ解説します。

夜間に指定なしの荷物を残さない

朝の1便と昼の2便で届いた指定なしの荷物は、できるだけ夜間の配達までに配りきるようにしましょう。

夜間は夕方の3便で届いた荷物と夜間指定の荷物だけを素早く配り、できるだけ早く上がれるようにするためです。

ただし、在宅しているからといって夜間指定の荷物を昼間に配達するなど、早配はしないように気をつけましょう。

管理人
ドライバー側は「在宅しているのだからよいのでは」と解釈してしまいがちですが、顧客側は「時間指定をした意味がない」と思う可能性があり、ケースによってはクレームにつながります。

社員と配達先が被っている荷物があれば社員に任せる

同じエリアを担当している社員と配達先が被っている荷物があれば、社員にまとめて持っていってもらうのもありです。

よくあるのは、社員が持っている冷蔵・冷凍の荷物や代引きの荷物と委託ドライバーが持っている普通の荷物の配達先が被っている場合です。

冷蔵・冷凍の荷物や代引きの荷物は社員しか対応できないため、どちらにしても社員はその配達先に行かなければならず、1個荷物が増えたところで負担は変わりません。

普段から助け合える関係を築いておくと、いざというときに頼みを聞いてもらいやすいでしょう。

楽して配達したい方へ(PR)

きつい配達から抜け出したいなら「食料品・日用品配達」を行ってみましょう。

たとえば、「ピックゴーバイク」なら

重い荷物は一切なく、好きな時に自由に稼げます。

Uber Eats や出前館にはないコンビニや雑貨屋案件も多数あるので、ライバルが少ない穴場のアプリですよ。

アプリだけで仕事が取れる!

軽貨物ドライバーをやって感じたメリット

きつい仕事であるといわれる軽貨物ドライバーですが、ただきついだけの仕事ではなく「やっていてよかった」と思えるようなメリットもあります。

ここでは、軽貨物ドライバーをやって感じたメリットを紹介します。

感謝してもらえる

色々な顧客がいるため、嫌な思いをすることもありますが、中には心から「ありがとう!」と感謝の気持ちを言葉にしてくれる顧客もいます。

「頑張って」と労ってもらったり、暑い日には冷えた麦茶、寒い日にはホットコーヒーなどを差し入れてもらえたりもするため、きついと思うことは多々ありますが、やっていてよかったと思うこともたくさんあります。

コツさえ掴めばサクッと稼げる

きついと思うこともありますが、軽貨物ドライバーの仕事は非常にシンプルで誰でもできる仕事です。

そのため、コツさえ掴めばサクッと稼げます。

たくさん配れるようになれば、1日で20,000円、30,000円と稼げるようになります。

仲間と助け合える

それほど堅苦しい環境ではないため、気の合う仲間ができやすく、いざというときに助け合えます。

管理人
パンクしたときはお互い様であるため、気兼ねなく頼れます。

軽貨物ドライバーはきつい部分もあるがコツを掴めば誰でもできる

軽貨物ドライバーがきついといわれる理由や、その対処法について解説しました。

記事の中で解説したとおり、たしかに軽貨物ドライバーの仕事にはきつい部分もありますが、対処法を実行することでそれなりにきつさは解消できます。

また、コツを掴めば誰でもできる仕事です。

自分なりにきつさと折り合いをつけたり配達スキルを磨いたりなどして、稼げるドライバーを目指しましょう。

軽貨物はきついだけじゃない!楽しいと感じる方も多い!

軽貨物の厳しさやきつい部分をお話してきましたが、管理人自身、軽貨物を始めて良かったと心から思っています!

ノースキルで高い収入を得られたり、1人で黙々と仕事ができるのが最高でした。

下記記事では軽貨物ドライバーが楽しいと感じる理由12選について解説しています。

▶関連記事:軽貨物ドライバーが楽しい理由12選と向いているの特徴を解説します!「GATEN職」

また、軽貨物や長距離ドライバーなどのお仕事を探している方は、現場系に特化した求人サイトを活用してみてはいかがですか?

たとえば「GATEN職」なら、

  • 運送・運輸業
  • 電気工事業
  • 土木工事業
  • 建築工事業

といった、お仕事が豊富にあるので、軽貨物以外にも挑戦してみたい方にも助けになる求人サイトです。

また、5,000件以上の求人を「都道府県」×「業種」×「こだわり条件」で絞り込んで探せるので、自分にあった求人を見つけられますよ!

GATEN職の求人サイトは下記からアクセスできます。

全国5,000件以上の求人

軽貨物必須アプリ特徴リンク
配達NAVITIME

配達NAVITIME
配達スピード30%改善!
荷積みから出庫、配達スピードのすべてが改善されます。
【バイク】
■バイク専用のルート案内があるから、2輪除く一方通行や脇道も案内してくれる!
【軽貨物】
伝票読み取り機能により手打ち作業がなくなる
大型施設の入り口がわかる
自動ルート組機能で出庫が早くなり、最短ルートで配達できる
コンビニやトイレ・ガソリンスタンド・オービスも表示される
フーデリ・軽貨物ドライバー必須アプリ!
公式

記事

Pick Go
■軽貨物マッチングアプリ「Pick Go」の日用品・フードデリバリー配達用アプリ。
大手コンビニ案件が多く、配達員にも知られていないので実は稼ぎやすい。
公式

記事
ドラEVER(ドラエバー)
ドラEVER
■求人数40,000件以上の運送系求人サイト
掲載企業のPR動画で仕事内容や職場の雰囲気がわかるので、安心して転職活動ができる。
公式

記事
出前館業務委託配達員のアイコン
出前館
■いま最も稼げるフードデリバリー
1件配達平均750円以上。
アマフレの予行練習になる。
公式

記事
uber eats,ウーバーイーツ配達員
Uber Eats 
■1件平均550円の配達単価。
利用者数400万人越えのアプリなため配達依頼も圧倒的に多い。
利用ユーザーが多いので、現在地から近いオーダーが多く飛んでくる。
公式

記事

アマゾンフレックス
■高時給
日給制。時給換算2,000円~3,000円程度。配達アプリのルートに従って運転するので未経験でも簡単。置き配・ポスト投函が9割なので配達が楽。
公式

記事
軽貨物マッチングアプリ13選!おすすめのギグワークサービスを紹介
【軽貨物ドライバー向け】無料の配達ルート最適化アプリ4選!
格安の黒ナンバー任意保険は?軽貨物おすすめ比較ランキング6社【個人】
【2024年】軽貨物運送会社おすすめ比較ランキング!会社の選び方を解説
【拘束時間が長いor低単価案件に取り組んでいるドライバーへ】この記事の結論!待遇の良い会社は腐るほどある

いま軽貨物をやっていて、報酬や労働時間、待遇に違和感がある方は、早いうちに辞めましょう。

軽貨物の求人

あなたが知らないだけで、世の中には下記の案件がたくさん溢れています。

  • 初心者にも優しい研修制度充実の運送会社
  • 日給8,000円~30,000円のルート配送
  • 1日5時間で12,000円の企業間配送
  • 時給1,400円以上のクイックコマース
  • 日給25,000円越えの宅配ドライバー
  • 時給2,000円越えのライドシェア(NEW!)

このような求人は、ドライバー職に特化した日本最大級の求人サイト『ドラEVERに掲載されることがあります。

各会社ごとの業務内容や報酬、労働時間が簡単に比較できます。

【開く】用意されている福利厚生

また、企業によっては以下の福利厚生も用意しています。

  • ガソリン代支給
  • お祝い金最大10万円支給
  • 1日5時間稼働で手取り30万円も可能
  • 25日稼働で手取り70万円以上も可能

なお、好待遇案件はすぐになくなるので、『ドラEVER』に登録して新着メールを待ちましょう!