記事内に広告が含む場合があります

記事内に広告が含む場合がありますが、コンテンツの内容やランキングには一切影響ありません。企業から依頼された広告を掲載する際には「PR」を表記しています。

消費者庁が問題にしている「誇大広告やステルスマーケティング」にならないよう十分配慮してコンテンツ制作を行って参ります。

黒ナンバー(軽貨物事業用)の任意保険料は、レジャー・通勤と比べても高いですよね。

管理人
これまで3社以上乗り換えた現役配達員の私が任意保険料を最も安くした方法は各保険会社との相見積もりです!

自動車保険の料金は公表されていませんし、加入時の状況によって保険料は変動します。

再び見積もりを取ったら、料金が下がっている可能性が高いです。

私の場合は「損保ジャパン」が一番安い結果となりましたが、私の知り合いは「三井住友海上」が一番安かったと言っていました。

状況によって、金額が前後するため、必ず相見積もりで確かめましょう!

一括見積りして、一番安い自動車保険を探しましょう!
黒ナンバーの任意保険を契約できる保険スクエアbang!
  • 月払い・年払い対応
  • 24時間事故対応あり
  • 無保険車障害補償で安心!
  • 弁護士特約も!
黒ナンバーは"法人向け"で見積もりできます
個人でもそもまま申し込めますのでご安心してください。

黒ナンバーの任意保険を安くする方法4選!

  • 相見積もりを取る
  • 保険等級を引き継ぐ
  • 事故を起こさない
  • 支払いを年払いにする

相見積もりを取る

黒ナンバーの取り扱いがある保険会社は、下記6社です。

6社すべての見積もりを取り、任意保険を安くしましょう!

下記の「保険スクエアbang!」から無料で相見積もりが取れますので、保険料を安くするために絶対にやっておきましょう!

■関連記事:格安の黒ナンバー任意保険は?個人向けおすすめランキング6社

保険等級を引き継ぐ(用途変更をする)

黒ナンバーの任意保険に新規加入すると、6等級からスタートです。しかし、現在加入中の自動車保険を事業用に用途変更することで、等級を引き継げます!

具体的には、「レジャー・通勤用」に設定されている自動車保険を、黒ナンバー(事業用)に、用途変更*します。

*用途変更とは、車両の使用目的のことを変更すること

20等級の任意保険を引き継けば、黒ナンバーでも保険料が6,000円代になりますよ!

管理人
私は20等級の「アクサダイレクト」に加入していましたが、この裏ワザを知らずに黒ナンバーの任意保険に加入してしまいました…泣

「黒ナンバーの取り扱いがある保険会社」と「黒ナンバーの取り扱いがない保険会社」で、引継ぎ方法が変わります。手順は以下です。

黒ナンバーの取り扱いがある保険会社に加入している場合
黒ナンバーの取り扱いがない保険会社に加入している場合
  1. 現在加入中の自動車保険の使用目的を「事業用」に変更する
  1. 軽自動車を「黄色ナンバー」で納車する
  2. 用途「レジャー・通勤」で自動車保険に加入する
  3. 軽自動車を黒ナンバーにする
  4. 自動車保険の使用目的を「事業用」に変更する

「レジャー・通勤用」で使用していた自動車保険に、黒ナンバーの取り扱いがあれば、用途変更するだけで等級引継ぎができます。

しかし、黒ナンバーの取り扱いがない保険会社の場合は、軽自動車を「黄色ナンバー」で納車し、「レジャー・通勤用」で申し込んでから、「黒ナンバー(事業用」に用途変更する手間が発生するため面倒です。

詳しくは下記記事にも解説しています。

■関連記事:黒ナンバーの任意保険の等級を引き継ぐ裏ワザ

事故を起こさず更新年月を超える

交通事故を起こさなければ、毎年、黒ナンバーの保険料が下がっていきます。

以下は、損保ジャパンの料金プランですが、年数が経過するにつれて保険料が下がっていきます。

プランAプランBプランC
月額料金1年目22,880円17,180円12,920円
2年目14,830円11,330円9,720円
3年目12,510円9,670円7,560円
特徴①車両保険付き
当て逃げ・自損事故も対応
車両保険付き
自損事故を対応
車両保険なし
特徴②対人賠償 無制限
対物賠償 無制限
特徴③弁護士費用特約
参考:損保ジャパンの黒ナンバー任意保険の評判は?

Cプランであれば、最終的に6,000円代まで下がるので、事故を起こさないように気を付けなければなりません。

支払いを年払いにする

黒ナンバーの任意保険の支払いを年払いにすると、月払いと比べて5%ほど安くなります。

5,000円~1万円ほど安くなるので、徹底的に下げたい方は年払いがおすすめです。

【まとめ】黒ナンバーの任意保険を安くする方法は3つしかない

黒ナンバーの任意保険を下げるには、以下の3つでした。

  • 保険等級を引き継ぐ
  • 事故を起こさない
  • 支払いを年払いにする

すでに黒ナンバーを取得してしまった方は、事故を起こさないように気をつけることしかできません。

当たり前の結果になってしまいましたが、明日もご安全に頑張りましょう。

損保ジャパン
  • 最短 即日加入!
  • 車検証をメールで送るだけ
  • 月払い・年払い対応
車検証を送るだけで最短即日で月額料金がわかります。
まだ、任意保険も車両も用意していない方は?

自働車任意保険も黒ナンバーの取得もどちらも誰かに丸投げする方法もあります。

丸投げするには、黒ナンバーに対応しているカーリース会社に依頼することです。

忙しくて時間が取れない方や黒ナンバーの手続きが面倒な方は、お願いしてみてはいかがでしょうか。

■関連記事:任意保険加入と黒ナンバーの取得を丸投げできる会社を紹介